プロミスで即日融資を受けるための方法

プロミスでは最短30分で審査を行い、契約後に振込融資を行うなど、
即日融資の要望に応える体制を整えています。

そして、最近は24時間振込に対応する金融機関が増え、
自動契約機から遠い人でも夜間・休日に融資を受けられるチャンスが増えました。

ただし、早くお金を借りるためには申込み前の準備が大切です。

そこで、こちらではプロミスで即日融資を受けるために準備しておきたい5つの項目について解説します。

プロミスが選ばれる理由はこちら

目次

本人確認書類の情報は最新か?

プロミスのカードローンを申し込む際は、本人確認書類として免許証の提示が必要です。

運転免許証を持っていない場合は、パスポート・健康保険証いずれかの提示でも大丈夫ですが、
住民票の写しなど現住所を確認できる書類1点(発行日から6ヶ月以内のもの)を別途用意する必要があります。

本人確認書類に記載された住所が現住所と異なる場合も同様です。

現住所を確認する書類として、公共料金(電気・ガス・水道・NHK)の領収書も利用できますが、
申込当日に領収書が手元にないことが考えられます。

その際は住民票の写しを用意することになりますが、役所へ出かける必要があり、
混雑時には数十分程度待たされる場合もあります。

ただ、本人確認書類を提示するのは審査に通過した後なので、
ネット申込の手続きをしながら、役所での待ち時間を過ごす方法も考えられます。

年収証明書類を事前に用意する

プロミス1社で50万円以上の融資を希望する場合や、消費者金融各社での借入総額と
希望融資額の合計が100万円を超える場合は、年収証明書類が必要です。

希望融資額が50万円以内の場合は、年収証明書は不要です。

年収証明書類としては勤務先の源泉徴収票が一般的ですが、源泉徴収票の発行には数日かかる場合があり、
会社によっては発行理由を確認される場合もあります。

借金することを会社に知られたくない場合は、直近2か月分の給与明細書や所得証明書を提出するといいでしょう。

所得証明書は役所で発行を受けることができ、窓口に行くことができない場合は郵送発行にも対応しています。
プロミスの申込前に用意しておくと、審査がスムーズです。

申込当日に在籍確認を受けられるか?

審査を進めるにあたっては、申込者に安定した収入源があることを確認する目的で、
勤務先に個人名を名乗って在籍確認の電話が行われます。

電話が入る時間帯は9時から21時の間で、申込者本人が休暇中や離席中の場合でも、
電話応対の中で申込者の在籍を確認できれば、確認作業は完了です。

即日融資を受けたい場合は、申込当日に在籍確認を受ける必要がありますが、
会社によっては私用電話を一切取り次がない場合や、在籍確認を事前申請制とする場合もあります。

また、勤務先が休日の場合には在籍確認そのものを受けることができません。

申込当日にお金を借りたい場合には、勤務先の営業日の申込みが必須です。

なお、電話での在籍確認が難しい場合は、プロミスの担当者に相談するといいでしょう。

無人契約機で申し込むという方法

契約手続き完了後、プロミスでは指定口座への振込やアプリ経由でのATM操作、ローンカードでの借入が可能です。

24時間振込に対応する金融機関では、振込融資を申し込んだ後最短10秒で指定口座に振り込まれますが、
メンテナンス等の事情により振込が遅れるケースが考えられます。

一方、無人契約機で申し込んだ場合は入室から30~40分で審査が完了し、その場でローンカードを受け取ることも可能です。

コンビニATMでの24時間融資にも対応しているので、申込当日に必ず現金を手にしたい人には選択肢の一つとなり得ます。

ただし、申込手続きの途中で在籍確認の電話が行われるため、
自分宛に電話が入る予定であることを事前に同僚や周囲に伝えておきましょう。

コールセンターへ審査について相談

インターネットでの申込みでは、基本的に先着順で審査が行われます。

プロミスでは最短30分審査をセールスポイントとしていますが、
申込状況によっては審査結果の回答まで1時間以上かかるケースもあるようです。

午後から夕方にかけての申込みで、どうしても当日中に融資を受けたい場合は、
コールセンターに相談して審査完了見込みを確認することもできます。

最後のまとめ

営業時間前にインターネット経由で受け付けた申込みは、朝9時以降に先着順で審査が進められるのが基本です。

一方、無人契約機や有人店舗から申込んだ人には、その場で審査結果を回答できるように迅速な審査が行われています。

したがって、午前中の早い段階で申込が完了すれば、日中に勤務先での在籍確認を受け、
午後から夕方にかけて融資を受けられる可能性
があります。

ただし、申込内容に不備があった場合には電話での確認作業が追加で発生し、その間は審査が保留となります。

そして、申込みの際は事実に基づく正確な情報を申告することが、即日融資を受けるには重要です。

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 来店不要で郵送物なし、アルバイトをしている学生でも借りれる
  • 50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良くて安心と評判