プロミスの審査は甘いって本当?

消費者金融のプロミスの審査は甘いという話がありますが、簡単に借りることができるのでしょうか?

こちらでは、プロミスの審査は本当に甘いのかを検証しています。
融資を受けたい人は少しの工夫をすることで、審査の通過率を上げることができます。

今すぐにプロミスからお金を借りたい人、他社の借り入れがあるので審査が不安といった人は参考にしてください。

プロミスが選ばれる理由はこちら

目次

プロミスの審査は甘いのか?

プロミスの公式サイトには、審査が甘いという記載は一切ありません。

健全な運営をしている金融機関では、審査は甘いという言葉を使うことはないのです。

誰でも借りられる、100%審査に通過するなどの謳い文句をアピールしているのは、
悪徳業者だと考えて間違いありません。

プロミスを利用できるのは、20歳以上~69歳以下で安定収入のある方となっています。

未成年は借り入れができませんし、成人に達していても収入がないと借りられません。
そもそも審査が甘いという宣伝ができない理由は、申込者によって属性や希望額が異なるためです。

例えば、年収500万円ある人にとって30万円を借りるのは比較的簡単ですが、
年収100万円の人にとってはハードルが高くなります。

また、他社からの借り入れ状況も影響するので、誰でも簡単に借り入れできるローンは存在しないわけです。

プロミスが借りやすい言われる理由

プロミスの審査は甘いとは言えませんが、比較的借りやすいローンであることに間違いはありません。

借りやすいローンの特徴として、主婦・学生に対応していることがあり、
こうしたローンはパートやアルバイトの方も申込みできるものが多いです。

キャッシングの中には正社員限定のローンもあり、審査基準が相当高く設定されています。

ローンというのは優遇条件が設定されたものほど、審査が厳しくなる性質があります。

低金利で貸出しているものは年収400万円以上、
勤続年数3年以上などと高いハードルが設定されているのが普通です。

非正規雇用の方に対応したローンは万人向けで、初めての方にも適しています。

プロミスは担保・保証人が不要ですし、希望額が50万円以内なら収入証明書類の提出なしで契約ができます。

審査のハードルを下げる方法

プロミスの限度額は最高500万円で、総量規制の範囲内で融資額が決定されます。

総量規制とは年収の3分の1まで借り入れができるという法律ですが、初回融資で年収の3分の1を借りることは難しいです。

プロミスの契約における必要書類は本人確認書類と収入証明書類の2種類で、
後者は50万円を超える申込みになる場合に必要になります。

つまり、50万円を超えて借りるなら、50万円以内のケースよりハードルが高くなるということです。

ローンの審査で重視されるのは申込者の信用力で、これはローンの返済能力を意味しています。
年収や勤続年数・他社借り入れ状況・延滞履歴などを精査し、総合的に判断していくわけです。

他社からの借り入れがある人は、希望額を少なくすることが審査に通過するコツとなります。

希望額により審査の難易度に変化が生じるのは、ローン全般に共通することです。

審査項目は正確に入力することが大事

キャッシングの審査に通るコツは、審査項目の不備をなくすことです。

プロミスの場合も審査内容に不備や虚偽の事実があったりすると、審査に落とされる可能性が高くなります。

昔のキャッシングは年収を多めに申告しても黙認してくれることが多くありましたが、
貸金業法が改正されてから審査はシビアになりました。

年収を多く申告したり、他社借り入れ額・件数を少なく見積もったりすると、バレて審査で不利になります。

申込者の他社借り入れ状況は、プロミス側が個人信用情報機関に情報開示請求をすることで確認できるのです。

プロミスの審査を少しでも有利にするには、自分のスペックを偽らずに申込みすること、
希望額を最小限に抑えることがポイント
になります。

また、プロミスの審査では原則として在籍確認が実施されるので、無職の状態で借りようとしても嘘が発覚します。

嘘は最終的にバレてしまうので、最初から嘘をつかないことが大切です。

最後のまとめ

プロミスの審査は決して甘いわけではありません。

甘いという言葉を使用するのは悪徳業者だけなので、
消費者金融や銀行がこのような宣伝をすることはないです。

プロミスは誰でも借り入れできるわけではありませんが、ちょっとした工夫で審査を有利にすることはできます。

それは審査で嘘の記載をしないこと、希望額を抑えて申込むことです。
審査で申込者に求められるのは信用力で、簡単にいえば返済能力のことです。

プロミスは50万円以内の利用なら収入証明書類は不要となり、本人確認書類を用意すれば申込みできるので、
50万円以内の希望額で申込みするのが得策でしょう。

希望額の大小が審査の難易度に影響してくるのは間違いありません。

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 来店不要で郵送物なし、アルバイトをしている学生でも借りれる
  • 50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良くて安心と評判