プロミスでお金を借りるまでの流れや注意点

説明

飲み会や冠婚葬祭など、急な出費でお財布が寂しくなる時ってありますよね。

給料日がすぐなら問題ありませんが、1週間以上あると生活に不安を感じると思います。
そんな時に便利なのがカードローンのプロミスです。

こちらでは、プロミスを利用したことがない人でも理解できるように、
プロミスでお金を借りるまでの流れや注意点をまとめました。

目次

プロミスが他のカードローンより優れている所

メリット

消費者金融の最大手であるプロミスの最大の魅力は、融資までのスピードの早さです。

カードレスシステムが採用されているので、カードを発行する必要がなく、
それにともない審査や契約にかかる時間が他に比べて早いのです。

契約手続きが完了してからお金を借りるまでにかかる時間は最短30分なので、
数多くある消費者金融会社の中でも、融資スピードは群を抜いています。

できるだけ早くお金が必要なら、プロミスを選んでおけば間違いないでしょう。

申し込みにおいてもインターネットから24時間365日行えますし、専用フォームでは
住所・氏名・勤務先・年収といった必要事項に答えていくだけなので、数分で完了します。

電車の中や休憩中など、ちょっとした空き時間で申し込みができる点は嬉しいですよね。

また、プロミスでは口座からの引き落としだけではなく、
インターネットや提携ATMからの返済など、合計7種類の返済方法を用意しています。

自分の生活に合わせた返済方法が選べるので、近くに店舗・窓口がない場合でも心配ありません。

プロミスの審査に通るためのコツ

コツを説明

プロミスに限らず、消費者金融からお金を借りるには審査に通ることが必要です。

そして、カードローンの審査に落ちないためには3つの共通事項が存在しています。

社会的信用の証明

カードローンの審査に通るためには、社会的信用を証明することが重要です。

どの会社でどのくらいの期間働いていて、どの程度の収入があるかを審査で確認します。
会社の規模は審査に関係なく、働いていることが重視されます。

また、年収も多ければ良いのではなく、毎月安定した収入を得ていることが大切です。

毎月数万円以上の収入があれば、アルバイトや契約社員でも問題なく審査に通ることが可能です。

なお、勤続年数についてですが、あまりコロコロと職を変えていると、
「この人はいずれ、返済できなくなるのでは?」と思われ、審査に落ちる可能性が高くなります。

なので、就職・転職してあまり時間が経っていない人は、最低でも半年程度の勤務実績を作ってから
審査を受けることで、審査に落ちる可能性を減らすことができます。

利用実績

収入に問題がないにも関わらず、審査に落ちてしまった人のほとんどは、
現在・過去のカードローンの利用実績に問題があります。

プロミスに申し込みをした時点で、他社からお金を借りていると審査に通るのは厳しいかもしれません。

また、過去に返済トラブルを起こしている場合は、
ブラックリストとして信用情報機関に記録が残っています。

さらに、見落としがちなのが携帯電話本体の分割払いです。

携帯電話・スマートフォン本体の分割払いもローンに含まれているので、
携帯料金を支払っていない場合は審査に落ちる可能性が高いです。

なので、プロミスの申し込み前に支払い状況を確認するといいでしょう。

在籍確認

プロミスの審査担当者が職場に電話をかけて、実際に働いているかの在籍確認をします。

しかし、近年は個人情報保護の観点から、関係者以外に在籍の有無を伝えることが禁止されている会社も増えています。

その場合は、前もってプロミスの審査担当者に相談して代替案を提示してもらうか、
職場の人にカードローンの在籍確認があることを伝えて、対応してもらうようにお願いする必要があります。

なお、担当者が電話をかける際は、プロミスという会社名を名乗ることはなく、
個人の名前でかけてくるのでカードローンの利用がバレる心配はありません

また、申し込みをした本人が直接電話に出る必要もありません。

必要書類の提出で契約完了

スマホで提出

社会的信用の証明から在籍確認といった全ての審査に通過した後は、必要書類の提出を行います。

郵送でも問題ありませんが、できるだけ早くお金を借りたい場合は、
スマホで撮影したものをアップロードする方法がおすすめです。

必要書類の提出に問題がなれば、すぐにお金を借りることができるようになります。

最後のまとめ

プロミスはお金を借りれるまでのスピードが早いことや、
返済方法が複数用意されていたりと様々な魅力があります。

正社員ではない派遣社員やアルバイトでも、一定の収入があれば問題なく審査に通る点においても、
多くの人に利用されている消費者金融として人気がある理由と言えるでしょう。

ただ、申し込みの際に記入漏れや虚偽申告といったケアレスミスが原因で、
審査に落ちてしまうケースも珍しくありません。

なので、プロミスの良さである融資スピードを最大限に活かすためにも、
申し込み内容はしっかりと確認することが大切です。

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 来店不要で郵送物なし、アルバイトをしている学生でも借りれる
  • 50万円以下なら収入証明書不要、顧客対応が良くて安心と評判